アイディアが浮かばない

・腕の見せ所だからこそ…
忘年会と言えばビンゴ等のゲームも楽しみの一つなのではないでしょうか。 忘年会景品と言えば忘年会の規模にもよりますが、思いもよらないものがいただけたりもしますからね。 ですのでどうしても欲しいと力む人もいるかもしれません。 確かにそれも解らないものではないのですが、どのような景品か。 それは幹事のセンス・力量次第でもあるでしょう。 あっと驚くような景品の時もあれば、笑いに走っている景品の時もあります。 お金をかければ良いものでもありませんので、やはり幹事のセンス次第ではあるのですが、幹事だからといって急にアイディアが沸いてくるものでもないでしょう。 どうすべきかで迷うケースも珍しくないでしょうしね。 幹事によっては、本気で景品をどうすべきかで迷う事もあるでしょう。 マニュアルでもあればそれに従えば良いのですからあれこれ悩まされる事もないでしょう。 ですが忘年会にはマニュアル等ありません。 どのような忘年会になるのかは幹事がある程度コントロールする部分もありますが、蓋を開けてみなければ解らないものです。 自信満々な景品を用意したものの、まったく盛り上がらないケースだってあるでしょう。 反面、自信の無い景品ではあったものの、忘年会そのものが盛り上がっていたがために忘年会景品も物凄く盛り上がる事だってあります。 蓋を開けてみなければ解らないという事は、読めない部分が多いとも言えます。 幹事のセンス云々ではない部分も多分にあるのです。 ・意見を募るのも良いでしょう 幹事がある程度コントロールするのが忘年会ではありますが、参加する人にアドバイスしてもらうのも良いのではないでしょうか。 アドバイスを受ける事で、選択肢が増えるのはもちろんですが、元の意見とミックスさせる事でより素晴らしいものにもなるでしょう。 景品にしても、幹事だけで用意するのではなく、忘年会参加者の有志で用意したり、あるいは参加者から募るといった方法も良いのではないでしょうか。 参加者から募れば、誰もが「自分も参加している」という気持ちになるのですから、より忘年会が楽しいものになるのではないでしょうか。 何となく参加しているのと、自分が持ち寄った景品がどうなるのかを考える忘年会。 どちらが楽しいものになるのかは言うまでもないでしょう。 良いアイディアが無いのであれば、参加者に景品を募り、参加者を巻き込んでみるのも良いのではないでしょうか。 持ってきたものを誰が持って帰るのか。そのマッチングも盛り上がるでしょうしね。